ポンペオ長官「中国は帝国主義!後進国を借金漬けにして植民地支配してる!」←西側研究者「これはデマ」

1 : 2021/03/27(土) 18:38:05.25 ID:/jFicTkF0

Just who’s conducting debt-trap diplomacy?
https://www.scmp.com/comment/opinion/article/3124600/just-whos-conducting-debt-trap-diplomacy

Meanwhile, is China really practising debt-trap diplomacy? An increasing number of Western think tanks and independent scholars have looked into this claim propagated by Mike Pompeo, former US secretary of state and other senior officials of the Donald Trump administration, among others. They have concluded either the claim is untrue or the evidence inconclusive or insufficient.

2 : 2021/03/27(土) 18:38:43.82 ID:/jFicTkF0
>>1
続き

A recent report by London-based Chatham House, also known as the Royal Institute of International Affairs, is titled “Debunking the Myth of ‘Debt-trap Diplomacy’: How Recipient Countries Shape China’s Belt and Road Initiative”.

It concludes: “Critics of the BRI [Belt and Road Initiative] accuse China of pursuing a policy of ‘debt-trap diplomacy’: luring poor, developing countries into agreeing unsustainable loans to pursue infrastructure projects so that, when they experience financial difficulty, Beijing can seize the asset, thereby extending its strategic or military reach. This paper demonstrates that the evidence for such views is limited.”

It especially focuses on Sri Lanka and Malaysia, “the two most widely cited ‘victims’ of China’s ‘debt-trap diplomacy’, the most controversial BRI projects were initiated by the recipient governments, which pursued their own domestic agendas.

“Their debt problems arose mainly from the misconduct of local elites and Western-dominated financial markets. China has faced negative reactions and pushback in both countries, though to a lesser extent than is commonly believed, given the high-level interests at stake in the recipient countries.”

Writing in The Spectator, Lee Jones, a lecturer in international politics at Queen Mary University of London and a co-author of the Chatham House report, offered this advice and criticism.

“Rather than peddling myths about China, Western officials would be better advised to study its messy realities. Rather than trying to deter developing countries from accepting Chinese development finance, they should provide meaningful alternatives, and help developing countries to manage Chinese investment, loans and contractors for the benefit of their own people.”

3 : 2021/03/27(土) 18:38:59.75 ID:/jFicTkF0
>>2
続き

Deborah Brautigam, Bernard L. Schwartz Professor of International Political Economy at the School of Advanced International Studies at Johns Hopkins University, and Meg Rithmire, F. Warren McFarlan Associate Professor at Harvard Business School, have also investigated the controversies, particularly the case of Sri Lanka.

They wrote in The Atlantic magazine: “We are told that China’s internationalisation ? as laid out in programmes such as the Belt and Road Initiative ? is not simply a pursuit of geopolitical influence but also, in some tellings, a weapon. Once a country is weighed down by Chinese loans, like a hapless gambler who borrows from the Mafia, it is Beijing’s puppet and in danger of losing a limb.

“The prime example of this is the Sri Lankan port of Hambantota. As the story goes, Beijing pushed Sri Lanka into borrowing money from Chinese banks to pay for the project, which had no prospect of commercial success. Onerous terms and feeble revenues eventually pushed Sri Lanka into default, at which point Beijing demanded the port as collateral, forcing the Sri Lankan government to surrender control to a Chinese firm. The Trump administration pointed to Hambantota to warn of China’s strategic use of debt.

“Our research shows that Chinese banks are willing to restructure the terms of existing loans and have never actually seized an asset from any country, much less the port of Hambantota. A Chinese company’s acquisition of a majority stake in the port was a cautionary tale, but it’s not the one we’ve often heard. With a new administration in Washington, the truth about the widely, perhaps wilfully, misunderstood case of Hambantota Port is long overdue.”

4 : 2021/03/27(土) 18:39:18.50 ID:/jFicTkF0
>>3
続き

Jonathan Pryke, director of the Pacific Island programme at the Lowy Institute based in Sydney, Australia, does think “China is not conducting debt trap diplomacy in the Pacific ? at least not yet”.

The Australian think tank has created the Lowy Institute Pacific Aid Map, a database on more than 20,000 projects supported by 62 donors, from 2011 to today. Its data shows Taiwan is more likely to lend to countries with “at risk” debt load than the mainland.

“Overall, China has not directed its lending towards countries that are already at a high risk of debt distress,” Pryke wrote. “Ten per cent of Chinese bilateral loans have gone to countries at high risk, compared to 70 per cent of bilateral loans from Taiwan, for example.

“While China is a major lender in the Pacific, it is not a dominant creditor. From 2011 to 2017, China was responsible for 37 per cent of all official loans disbursed in the region. Traditional creditors, including the Asian Development Bank (ADB), the World Bank, the IMF, Japan, and Canada, provided more than 60 per cent of all official lending.

“The Pacific is littered with failed infrastructure projects, funded by a variety of donors. A 2014 analysis, based on case studies in Cook Islands, Samoa, Tonga, and Vanuatu, presented a mixed report card on the quality of Chinese projects, with some performing much better than others.”

When China does lend, it offers significant concessions.

“ … 97 per cent of China’s official loans in the Pacific have been in the form of concessional loans from its EXIM Bank [Export ? Import Bank of China]. Standard EXIM concessional loans are denominated in renminbi, with an interest rate of 2 per cent, a grace period of 5?7 years, and a maturity of 15?20 years. By international standards, these lending terms are quite favourable”.

16 : 2021/03/27(土) 18:48:47.78 ID:/jFicTkF0
>>4
[DeepL翻訳無料版]

オーストラリアのシドニーにあるローウィー研究所の太平洋島嶼プログラムのディレクターであるジョナサン・プライクは、「中国は太平洋地域で債務の罠外交を行っていない。

オーストラリアのシンクタンクであるLowy Instituteは、2011年から今日までに62のドナーが支援した2万件以上のプロジェクトをデータベース化した「Lowy Institute Pacific Aid Map」を作成しました。そのデータによると、台湾は中国本土よりも債務残高が「危険」な国に融資する傾向があるという。

"全体的に見て、中国はすでに債務不履行のリスクが高い国には融資を向けていない」とプライクは書いている。"中国の二国間融資のうち、リスクの高い国への融資は10%であるのに対し、例えば台湾からの二国間融資は70%である」。

"中国は太平洋地域の主要な貸し手ではありますが、支配的な債権者ではありません。2011年から2017年にかけて、中国はこの地域で供与されたすべての公的融資の37%を担当しました。アジア開発銀行(ADB)、世界銀行、IMF、日本、カナダなどの伝統的な債権者は、全公的融資の60%以上を提供していました。

"太平洋地域には、さまざまなドナーが資金提供した失敗したインフラプロジェクトが散見されます。2014年に行われた分析では、クック諸島、サモア、トンガ、バヌアツでのケーススタディに基づき、中国のプロジェクトの質について、一部のプロジェクトが他のプロジェクトよりもはるかに優れているという、さまざまなレポートカードが提示されました。"

中国が融資するときは、かなりの譲歩をします。

"太平洋地域における中国の公的融資の97%は、EXIM銀行(中国輸出入銀行)からの譲許的融資である。EXIMの標準的な譲許的融資は人民元建てで、金利は2%、猶予期間は5?7年、満期は15?20年である。国際的に見て、この融資条件は非常に有利なものです」。

14 : 2021/03/27(土) 18:48:15.80 ID:/jFicTkF0
>>3
[DeepL翻訳無料版]

ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院のバーナード・L・シュワルツ教授(国際政治経済学)であるデボラ・ブラウティガムと、ハーバード・ビジネス・スクールのF・ウォーレン・マクファーラン准教授であるメグ・リスマイルも、この論争、特にスリランカのケースについて調査しました。

彼らは『The Atlantic』誌にこう書いています。"中国の国際化は、『一帯一路』構想などのプログラムに見られるように、単に地政学的な影響力を追求するだけでなく、ある意味では武器でもあると言われています。マフィアから借金した不運なギャンブラーのように、ある国が中国からの借金によって重荷を背負わされると、その国は北京の操り人形となり、手足を失う危険性があります。

"その代表例が、スリランカのハンバントータ港である。その代表例がスリランカのハンバントータ港である。北京はスリランカに、商業的に成功する見込みのないプロジェクトのために、中国の銀行から金を借りるように迫った。そして、北京はハンバントタ港を担保として要求し、スリランカ政府は中国企業に経営権を明け渡さざるを得なくなったのである。トランプ政権はハンバントタを例に挙げ、中国の戦略的な借金の使い方を警告した。

"我々の調査によると、中国の銀行は既存のローンの条件を再構築することを望んでおり、実際にどの国からも資産を押収したことはなく、ましてやハンバントータ港を押収したことはない」。中国企業がハンバントータ港の株式の過半数を取得したことは、警告的な話ではあったが、よく聞く話ではない。ワシントンに新政権が誕生し、広く、おそらく故意に、誤解されているハンバントータ港のケースについての真実が明らかにされるのは、待ち望まれていることなのだ。"

12 : 2021/03/27(土) 18:47:12.84 ID:/jFicTkF0
>>2
[DeepL翻訳無料版]

王立国際問題研究所としても知られるロンドンのチャタムハウスが最近発表したレポートのタイトルは「Debunking the Myth of 'Debt-trap Diplomacy': 中国の「一帯一路」構想は受益国によってどのように形成されるのか」と題されています。

それはこう結論づけている。"BRI(ベルト・アンド・ロード・イニシアティブ)の批判者は、中国が『債務の罠外交』を行っていると非難している。つまり、貧しい発展途上国に持続不可能な融資を合意させてインフラプロジェクトを推進させ、その結果、途上国が財政難に陥ったときには、北京がその資産を奪い取って、戦略的または軍事的な範囲を拡大するというものだ。この論文では、このような見解を裏付ける証拠は限られていることを示しています。

特に、スリランカとマレーシアに焦点を当てている。「中国の "債務の罠外交 "の "犠牲者 "として最も広く言及されている2つの国では、最も物議を醸したBRIプロジェクトが被投資国政府によって開始され、彼らは独自の国内アジェンダを追求していた。

"彼らの債務問題は、主に地元のエリートと西洋に支配された金融市場の不正行為に起因する。中国は両国で否定的な反応や反発に直面しているが、被援助国のハイレベルな利害関係を考慮すると、一般に考えられているよりも程度は低い。"

ロンドンのクイーン・メアリー大学で国際政治学の講師を務め、チャタムハウス報告書の共同執筆者であるリー・ジョーンズは、The Spectatorに寄稿し、次のようなアドバイスと批判をしています。

"欧米の政府関係者は、中国に関する神話を広めるよりも、中国の厄介な現実を研究した方が良いでしょう。開発途上国が中国の開発資金を受け入れるのを阻止しようとするのではなく、意味のある代替案を提供し、開発途上国が自国民の利益のために中国の投資、融資、請負業者を管理できるように支援すべきである」と述べています。

5 : 2021/03/27(土) 18:41:52.83 ID:ikvnvnkSM
お前じゃい!
6 : 2021/03/27(土) 18:43:11.48 ID:W3SgNIae0
日本語でおk
7 : 2021/03/27(土) 18:44:04.80 ID:9uwbxzRCd
パンピーオだろ
8 : 2021/03/27(土) 18:44:22.12 ID:3Op2SHUs0
>by Alex Lo
9 : 2021/03/27(土) 18:44:45.82 ID:NIqgYDyhM
仮にも政府高官だろう?学術会議の甘利のブログにしてもそうだけどこういうのって分かっててやってるのか、それとも本当にそう思っているのか解らんな。
10 : 2021/03/27(土) 18:45:54.30 ID:/jFicTkF0
>>1

[DeepL翻訳無料版]

中国は本当に借金の罠外交をしているのか?欧米のシンクタンクや独立系の学者の中には、マイク・ポンペオ元米国務長官をはじめとするドナルド・トランプ政権の高官らが主張しているこの主張を調べた人が増えている。彼らは、この主張が真実でないか、証拠が決定的でないか不十分であると結論づけている。

11 : 2021/03/27(土) 18:46:03.28 ID:La/uy9zr0
借金漬けといえば間違いない
問題はリスクを恐れてアフリカに金を貸さない西側諸国ばわけで
13 : 2021/03/27(土) 18:47:18.63 ID:wF4BZH+Y0
借りたくて借りたんじゃないの?
15 : 2021/03/27(土) 18:48:37.66 ID:tedZqp9tr
>>13
そうだよ

中国父さんは脚長おじさんみたいなもん

17 : 2021/03/27(土) 18:49:08.80 ID:iSFxqhln0
そんな罠に引っかかるの安倍晋三ぐらいやろ
18 : 2021/03/27(土) 18:51:08.40 ID:P+UoKH1Q0
でも多額の借金が必要なほどの貧困を生み出したのは欧米による植民地支配ですよね?
23 : 2021/03/27(土) 19:05:42.09 ID:RMMuPSPta
>>1
中共がなんと言おうが六四天安門事件の習近平=黃熊やで
24 : 2021/03/27(土) 19:11:41.23 ID:0gcFf1dD0
欧米は奴隷制と植民地支配で途上国の富を搾取してきた
そろそろ賠償しても良いのでは??
25 : 2021/03/27(土) 19:22:28.71 ID:5gzmowhS0
「コロナウイルス武漢研究所起源のエビデンスがある」
「ウイグルジェノサイドのエビデンスがある」
結局何一つ具体の証拠を示せず
トランプの片腕にふさわしかった口だけおじさん
それがポンペオ
26 : 2021/03/27(土) 19:27:08.96 ID:stmGZ2P80
イギリス、アメリカが他国を帝国主義認定するのは笑えるな
日本もそういう陣営の手下なのは常に自覚していないと
27 : 2021/03/27(土) 19:31:04.81 ID:fEHDcRNkd
中国批判するたびに過去の罪状が掘り起こされるアメ公ちゃん
バナナ戦争を謝罪しろ
32 : 2021/03/27(土) 20:34:11.94 ID:kNnGSkOH0
スリランカの港は99年間中国のもんになった

コメント

タイトルとURLをコピーしました